もみじとラジオ

師走も早、半分が過ぎました。我窯のもみじも色づき赤い天井を作っています。夕方の雨が降る前に、紅葉を惜しんでパチリと写しました。

 

先日の「山内まどか展」にお出かけ下さったMちゃん。作家Bのムサビの1級先輩で、愛媛県立美術館の学芸員を経て、ご結婚、松山の人となったMちゃん。現在、クラシカルギターで「スマ・パンカラ」という4人のバンドの一員として活躍されています。その「スマ・パンカラ」が今治のバリバリラジオに出演されました。フォルクローレという南米の民族音楽のバンドとは知りませんでしたが、優しい、異国のどこか懐かしいような風景を思い浮かべる音楽でした。再放送がされますので、どうぞご視聴下さい。

 

「スマ・パンカラ」出演

FMラジオバリバリ

たまさんのをっさんRock´n  roll(ろけん=ろー!)

12月17日(金)夜8時半(再放送)

FMラヂオバリバリ

放送時間にこのサイトでもお聞きできます。

 

もみじの回廊

野の恵み

 

今年はつくしを採りそこねましたが、よもぎ、蕗など春の野の香りを味わっています。先日はOさんからわらびを届けていただきました。庭の片隅にえびねらんの群生、羽衣ジャスミンが咲き始め、青空が澄んでみえる一刻、一呼吸が贅沢です。木々の成長には唯々、驚かされますが。

 

2021年の山茱萸

山茱萸が咲き始めました。我が窯には2mと3m程の二本の木があります。陽当たりのよい方が小花の群をなして春を告げています。電線に引っかかる程延びた枝を、今朝作家Bと二人がかりで梯子をかけ、伐採したところです。

 

まゆみ

「まゆみ」に至るまで。

 

コロナ禍が少しの間、下降気味でしたがまたもや上昇する不安な日々です。

此度歯の主治医、中村稔先生の病院受付で驚きました。ふと見たカレンダーに探していた花が映っています。これは!名前は「まゆみ」調べてみると花ではなく実でした。山中の我窯付近で乱立した木々の間に見付けた可愛らしい植物。名前がわからず気にかけていました。なぞがとけた年の暮れです。