変形花入れ

このところ作家Bは店で花を活ける機会が増えました。お花の勉強をしたことはありませんが、作家Aの花入れがたくさんあるので楽しく活けています。昔から作家Aの花入れの中には変形のものがけっこうあります。

s-DSCN3043
練り込み変形花入れ

 

 

店頭にもこんな花入れがありました。

「練り込み変形一輪挿し」

 

 

 

一見難しそうです。試しに一輪入れてみると、入れるだけで花入れの方が物語を作ってくれるようでした。やってみなければわかりません。楽しい発見があります。

 

 

ネットショップ“ohshimagama” セール延長と新商品入荷のお知らせ

 

左か「練り込み長方箸置き」、右「錆絵鯛図湯飲み」

 

只今、ネットショップ“ohshimagama”では、ネットショップ限定で一部商品をセール中です。昨日から始まったこのセール、明日までの予定でしたが、18日(月)pm5:00まで延長いたします。また通常商品も新作のおしゃれな練り込み箸置きや鯛の湯飲みなど掲載しております。この機会にどうぞご覧ください。

 

 

ネットショップ

“ohshimagama”

限定セール中

~18日(月)pm5:00まで

 

 

 

 

ネットショップ限定セールのお知らせ

本日9時から15日(金)25時までネットショップ限定のセールをします。

ネットショップ掲載の一部商品を30%~50%offで販売いたします。

この機会にぜひご覧下さい。

 

ネットショップ“ohshimagama”

 

 

注:ご注文いただいた品は16日(土)以降順次発送致します。

注:実店舗「大島窯の店」で直接商品の受け取りをご希望の方は、ご注文時に欄にその旨ご記入下さい。お渡しする際に送料を返金致します。

探りながら

創る時間が余り残されていない作家Aです。作品の新しいテーマ創りを探っています。長い間還元炎中心に焼成。此の頃練り込みの色彩を黄色で試み始め、酸化炎焼成しています。そんな折東京、銀座で個展を続けていた頃、何度か近くで個展を催されていた高木慶子さんから三冊目の画集が届きました。大学の先輩のがんばりに背中を押されたようです。

 

 

「東京展での同窓の人達⑥」

八田池の桜

桜の開花が待ち遠しい頃となりました。我が家にも山桜がありますが、町に降りる際通り過ぎる八田池の桜を眺めるのが楽しみです。100mほどの桜並木、人知れぬ道がもったいない位爽やかな景色となります。山籠もりしていると見ないうちに終わってしまいます。今年は何回見られるでしょう。

 

去年の八田池の桜

 

ちょうど個展開催中の時期で出入りが多くこの景色を楽しみました。
桜は散る時もきれい。

 

 

「有元利夫展」

作家Bは学生の頃、ムサビのある鷹の台駅近くの本屋さんで「有元利夫全作品集」という画集を買って、今もアトリエの棚に置いています。現在、河野美術館で「有元利夫展」を開催中です。久しぶりに美術展に行って参りました。有元さんの展示は東京でも何回か拝見しましたが、今回はスケッチやエスキース、制作途中の絵や有元さんの画材なども展示されています。特に未完の絵は、途中ならではの勢いや瑞々しさが感じられ見入りました。今治市出身の奥様の有元容子さんのお陰で貴重なものが拝見できました。容子さんご自身も、一時創画会で活躍された日本画家ですね。在りし日の有元さんの充実した制作時間を想像する展示でした。

 

 

春を呼ぶ花

あっという間に二月です。

気が付けば早春の花が次々と咲き始め、寒い中にも春の予感がする頃となりました。

 

 

松山の「大島窯の店」でも、菜の花に沈丁花、雪柳、

 

 

 

水仙、猫柳、梅etc、

この時期は思った以上に花々に囲まれにぎやかになりました。

 

 

ネットショップ“ohshimagama”入荷情報

1月も後半に入りました。早いですね。

ネットショップに新作を少々掲載しましたのでご案内申し上げます。

定番商品も追加中です。どうぞご覧ください。

 

左から「練り込み長方花入れ」、「練り込みマグカップ」、「印花花文鉢」、「化粧搔き落し花鳥図カップ」

ネットショップ“ohshimagama”