玉の皿回し

 

ご飯をねだる時、しばしば玉はその辺に転がっている陶器を回して、

チラッとこちらを見ます。

当然怒られるのですが、こちらも無視できないので効果は抜群です。この玉の皿

回し、察するに、えさ皿の周囲に落ちたキャットフードを取ろうとしたのが事の

  始まりではないかと思います。真夜中、えさ皿をしまってあるかごに手を突っ込み

一心に皿を回している後ろ姿は、まるで「妖怪 小豆洗い・・・。」

いちこの家出

正月からいちこが帰らない日が続きました。ご飯を食べに1度帰っても、心ここにあらずという様子ですぐに飛び出していきました。以前も同じようなことがあり、その時は1か月足らずと長い不在でした。山になにがあるのでしょう。日常を忘れるものがあるのでしょうか。昨晩10日ぶりにやっと帰宅。今回の❝出奔熱❞も治まったようです。

 

寝子

寒くなってきて猫たちも頻繁に団子になっています。

 

s-dscn2824-4_li

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の眠る様子はなんとも癒されるものですが、我が家の猫で眠り姿が一番可愛らしいのは意外にも玉三郎です。大きな体を丸めてクークーいびきをかきながら乙女チックに眠ります。

 

 

 

s-dscn0393-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、女子はと言えば、

あけっぴろげです。

(←いちこ)

 

 

s-dscn9845

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乙女に至っては、❛乙女❜のかけらもありません。吞んだくれか、行き倒れです。

 

 

 

玉の道

s-dscn9525-2

だんだん秋らしくなって参りました。季節の変わり目は人も体調を崩しますが、この時期我が家の玉も落ち着きがありません。鼻をツヤツヤ光らせながら、普段はいかない作家Aの部屋に籠もってみたり、乙女に意地悪したり、ごみ袋の中で寝てみたりと挙動不審な子になっています。もともと遠征に出かけた先からのクレームで外出禁止になった子です。まだ6才。とぼけた表情の裏であり余るエネルギーを持て余しているのかもしれません。玉なりに家猫の幸せを見つけてほしいものです。

s-dscn5648-2

 

 

 

 

スズメバチ

蜂は益虫なのですが、巣造り時の蜂達はなかなか手強いものです。8月中旬、展示室を訪ねたお客さんから、壁に蜂が出入りしていると忠告を受けました。その指摘でやっと気づいたほどの功名な場所、壁の中にスズメバチが、着々と働いていました。市役所の生活環境課に駆除方法を尋ねたり、苦慮の末に、壁の裏側にドリルで穴を開け、駆虫剤を噴射、やっと蜂達に引き上げてもらいました。残暑のおまけのような出来事ですが、まだまだ暑い日が続いています。

s-dscn0410-2

 

 

乙女のしっぽ

s-DSCN0158 (3)

 

 

 

 

 

 

 

玉三郎が家猫になる以前、作家Bの猫問題といえば「乙女のしっぽ」でした。

いち子(母)ゆずりの鍵しっぽです。同じに見えてくねり方が違うのか、いち子は問題ないこの鍵しっぽ、乙女にとってはトラブルの元です。

 

 

 

 

s-RSCN5388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中でも(バッグのひもとか)、外でも(つたとか)引っかかり、普段の明るい乙女とは思えない剣幕で怒ります。

 

 

s-DSCN0404 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配なので、ここは❝元凶❞をちょん切っては…、と動物病院に相談したところ、「全身麻酔の手術になりますよ。」と安易ではない旨、諭されました。

 

 

 

 

 

乙女も知恵と経験を身につけたのか、最近は引っかかってない!と安心していたら、先日、コードに絡まっていました…。悩ましいしっぽです。

s-DSCN5650

 

 

summer cats

 

s-DSCN9823 (2)

今年は梅雨明けとともに猛暑に突入したようです。

ほとんどエアコンをつけない我が家ではあちらこちらで猫が転がっています。

祖先は砂漠にいたという猫たち。暑さに強い秘訣はしっかり食べて、ひたすら眠るということでしょうか。

 

s-DSCN9816

 

 

 

壁の上の玉

いつ頃から始まったのか、気が付いたら玉が棚や壁の上ばかり歩くようになっていました。「床、NO!」と言いたいのか、床は極力避け、避けられないときはダッシュで走ります。トイレはご乱交気味、食事は快調。ふさいでいる様子はなく、嬉し気に(と見える)色々なものを落としながら道なき道を歩く姿に、作家Aと「ホコリが…」「本が…」とうめいています。

s-DSCN9519 (2)

クワガタ

 

くちなしが満開になりました。

雨と晴れ間の繰り返しで生き物がますます元気になるこの季節、家の中に夏らしいお客が迷い込みます。小さな子がいたら大喜びしそうですが、大きい人なので速やかに解放します。

 

s-DSCN9440