2022年の泰山木の花

若木だった泰山木は20年余り経った今、青空に見上げる程の大木です。花を撮り続けてきましたがふっくらしたつぼみがあっと云う間に開花するので、今年はやっと待ちに待ったシャッターにおさまりました。

 

2020年 泰山木の花

2018 「泰山木の花」

 泰山木の花

 

ガザニア

先日、作家Bがスーパーで買った78円のガザニアの花。明るい話の少ない此の頃の世情の中、気分転換にふらっと手にしてしまったのですが、あれから一か月。一輪だった花が入れ替わり立ち代わりで咲き続けています。その明るさと元気に感動してパチリと写真を撮りました。

 

「長尾英代展」

来週から始まる作陶展に向けて窯焚きが続いています。

さて、偶然ではありますが「大島窯作陶展」と同じ頃、因島で作家Bの親友の日本画家が個展を催します。18で出会って早30年余り、予備校、大学と共に時間を過ごし今に至ります。東京で制作した作品を持参して本人も来島します。大島窯共々、「長尾英代展」もどうぞよろしくお願い致します。

 

「長尾英代展」

5月1日(日)~5日(木)

am10:00~pm5:00

galley政吉(因島)

尾道市因島田熊町3262

 

 

ギャラリー政吉での同時開催の照明の展示です。

※2017年「大島窯作陶展」(gallery政吉)

 

 

 

清楚な可憐さ

日々ネガティブになりがちな今の世情、電気炉の還元方々、庭掃除途中に以前Aさんからいただいた「つる姫」がひっそりと咲いているのに気付きました。一瞬救われる想いに満たされていました。

2022山桜と展示会のお知らせ

小雨が降る中、当窯の山桜も満開となりました。いつも窓辺で季節の移り変わりを眺めていた我が家の愛猫、玉三郎は昨秋逝ってしまい、この桜を見ることができず残念です。

さて、今度のゴールデンウイークの頃、展示会をすることとなりました。気持ちのよい季節、山中の窯元に足を運んでいただければ幸いです。

 

2022.大島窯作陶展

4.9(金)~5.9(月)

大島窯窯元展示室

被爆者の声

朝日新聞(2月26日)で広島、森下弘さんの記事を読みました。森下さんは作家Aの父方の遠縁にあたり毎年の年賀状では、老いても頑張っていますと一筆あり励まされている方です。

被爆体験を語ったウクライナとロシアの訪問を経て、戦闘や混乱に巻き込まれるのは一般市民であり、プーチン大統領の「ロシアは強力な核大国」の発言への憤慨を語られています。同感です。

 

冬木立

 

雪おろしのことなど積雪の報せが届く此の頃です。島は晴天の空が続いていますが、新型コロナの被害拡大とかさなって何やら気の晴れぬ日々です。そんな中でも冬のオリンピックでの日本選手の活躍に救われる想いで拍手です。