ネットショップのご案内

しばらく在庫不足の状態が続き、ネットショップ“ohshimagama”を楽しみにご覧頂いた皆様にご迷惑をおかけしました。この度、登り窯焼成のものを中心に掲載しました。今回は、練り込みの箱や招き猫、夏らしいそばちょこや練り込みの青い豆皿などバラエティーに富んだ内容となっております。その他の商品も補充しております。ぜひご覧ください。

 

ネットショップ“ohshimagama”

(左から)「化粧招き猫」、「乳濁釉杯」、「銹絵そばちょこ」、「練り込み灰被り一輪挿し」、「刻のはこ」

店より

梅雨入りを前に夏の暑さがやってきたようです。

スダレを出して店も夏を迎える準備をしました。

爽やかな様相になっているとよいのですが。

窯出し展に出ていた作品も店に納品しました。

お時間ありましたら、どうぞお立ち寄りください。

 

続・窯出し展ー2019

窯出し展も中盤に入りました。

今回は作家Aの作品群に猫が登場して、目を留めていただいています。

犬も猫も女の子の手の中でお喋りしはじめそうです。

「あの猫」(上)と「パンフルートが聴こえる」
「パンフルートが聴こえる」

 

「練り込み一輪挿し」

登り窯焼成らしい灰被りの花入れは野の花がとても似合います。

自然に囲まれた展示会場です。どうぞお出かけ下さい。

 

 

窯出し展ー2019

 今年も窯出し展を開催中です。

先日の登り窯で焼成したものを中心に並べています。

「練り込み変形香炉」(上)、「練り込み四方豆皿」(中)、「化粧輪花皿」(下)
「各種化粧金彩杯」(上)、「焼き締め木の葉皿」(下)

 

梅雨入りも近い頃ですが、良い天気が続いています。

先代、山内達雄作の魚を庭に出しました。

明るい日差しのなか、気持ちよさげにたゆたっております。

山の中の展覧会、どうぞお出かけ下さい。

展示前

登り窯を窯開けしてから展示会が始る前までは、目が白黒しそうな忙しさになります。電気窯では他の物を焼成中ですし、事務作業から外回りの掃除まで、毎年のことなのに、今年もまたバタバタײの状態です。そんな中、作家Aの新作レリーフです。猫の方のモデルはアメリカで今年亡くなった有名猫さんです。

「あの猫」
「ゆき」

登り窯の窯焚きー2019

今年も登り窯を焚き終えました。

 

 

小雨に無風と、期間中のお天気にも恵まれました。

 

 

窯焚き歴50年の作家Aもガンガン薪を放り込みます。

 

 

赤松の薪

無事に終えてほっとしつつ、中が上手く焼けてますように。