ネットショップ“ohshimagama”入荷情報

左から「化粧干支置物」、「化粧干支置物」、「練り込み干支香合」、「化粧金彩干支置物」

 

ネットショップで干支置物(丑)の販売を始めました。

定番の化粧(白い)タイプから金彩を施した丑や練り込み干支香合も入荷しました。

来年が明るい年になりますように。

尚、焼き締め(茶)と印花花文(黒)の丑は現在品薄になっております。

これらのネットショップでの販売は12月初旬からになります。

もうしばらくお待ちくださいませ。

(化粧干支置物につきましては、随時追加販売の予定です。)

右「印花〃文干支置物」、左「焼き締め干支置物」

 

ネットショップ“ohshimagama”

「てくてく展」

「てくてく展」が始まりました。

マスク姿での再会となりましたが、皆様のお顔を拝見でき嬉しさを実感する初日となりました。今回の展示では、干支を中心に今年の登り窯から出た花入れや小さなお雛様、等々を並べています。どうぞ山中の秋を楽しみながらお出かけ下さいませ。

てくてく展

6月開催を断念した「窯出し展」と師走の「干支展」も兼ねてということで、この10月25日(日)~11月5日(木)に「大島窯 てくてく展」という展示を催します。今年はコロナの影響で特別な1年になっています。大変なことが多いですが、焦らず、あきらめず、という想いをこめて「てくてく」の展示会です。

店より

秋の気配がする頃になりました。店も秋らしい色にディスプレイを変えました。

いつも象の位置をどうしようか考えるのですが、通りからの小さな子の「ゾウさんだ!」や、若いお嬢さんの「おしゃれ!」という言葉が心地よく、正面ウィンドウがすっかり定位置になっています。丑も近々納品予定です。お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄り下さい。

 

暑々

松山の中心街を歩いていると、ちらちらと松山城の姿を垣間見ることができます。

お城が風景に溶け込んで城下町ならではの楽しみがあります。

 

9月も始まるというのに、夏の熱気は冷める気配がありません。

 

 

路面の照り返しで街が白くなっていくようです。

 

 

涼しさが待ち遠しい今日この頃、皆様どうぞお身体をご自愛下さいませ。

 

 

「ギャラリー」を更新しました。

止まらない暑さの中、蝉がにぎやかに鳴いています。

それでも夜になると遠慮がちに秋の虫の声が聴こえるようになりました。

さて、当ホームページの「ギャラリー」のページを更新しました。

新作、旧作共に少々追加しています。どうぞご覧下さい。

左寄り「化粧金彩魚文酒注ぎ」、「化粧掻落花鳥図皿」、「HANA⑳」、「練り込み花入れ」、「刻の箱」

ネットショップ“ohshimagama”入荷情報

お盆が近づいて参りました。

今年は新型コロナの影響でお盆の風景もかわりそうです。

さて、ネットショップ“ohshimagama”に新作を入荷中です。

新作の箸置きから花入れ、再入荷のものなど商品数を増やしているところです。

どうぞご覧下さい。

上段左より「練り込み花入れ」、「銹絵草文魚型箸置き」、「練り込み小鉢」 下段左より「練り込み板皿」、「銹絵草文そばちょこ」、「銹絵草文汲み出し」

ネットショップ“ohshimagama”

 

店より

梅雨明けと共に猛暑が始まりました。

「大島窯の店」では、先日登り窯で焼成したものを中心に入荷しています。

透明感のある練り込み花入れや夏らしいそばちょこ、板皿など並んでいます。

近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい。

 

今年の窯出し展と干支展

さて、お問合せをいただいている窯出し展ですが、コロナに始まる諸々の事情で初夏の開催を断念しました。今年は冬の干支展も、コロナ+インフルエンザでどのような状況になっているのかわかりません。そこで台風も終わりインフルエンザの流行前の10月後半に、干支と一緒に窯出し展を催す予定です。少しでも安心していらっしゃることができるようになっていますように。

2019年窯出し展会場風景