感無量

以前、遠路、我窯まで訪ねて下さった大学名誉教授で文学博士のHさんからのお便り。広島県立美術館50周年記念セレクション展で5000点の所蔵作品の中から秀作として父の作品も選ばれ拝見しましたとありました。彼女は広島県立美術館の学芸員在職中、収集の苦労を重ねた人です。50周年の歩みは感無量と。作家Aの芸大時代の後輩で浅からぬご縁のHさんの気持ちは卒直に伝わってきました。過って新制作展で開催された死後数年後の亡父の遺作展では、質の高かい作品集めが、一人の作家の人生を表現してあまりあるもので、今もその会場が思いだされます。歴史のふるいに掛けられ遺されていく作品の一つに亡き父の作品があることは嬉しくおもいます。

仕事

仕事を続けられるのは幸せなことだと思います。作家A、B、各々のお客様に支えられ仕事を続けています。此の度作品群をお持ちのA様に作品を加えていただくことになり感謝しています。

出会えるとは思わなかったよ、君に。

一ヶ月前、なくして探しまわった挙句、ほぼ諦めていた眼鏡発見。(「おーい、メガネさん」)あろうことか、毎日使っている仕事机の下にありました。化粧釉藥の使用の為、バケツを動かすことになり、その空所に鎮座。驚きました。ラッキーです。

個展

個展は、グループ展などと異なり、自分の仕事を一望できるので次の仕事へ向けての手がかりを探すことでもありますが、反省の場です。作家Aは東京を拠点に毎年三十回続け、繰り返してきました。この度の作家Bの個展中は、自分の時以上に一喜一憂しました。無事に終わりましたことを皆様方にお礼申し上げます。これからもよろしくお願いします。

 

 

金木犀、満開の日に

ギャラリ-・アンフィールでの展示の為、作家Bの作品を発送しました。

明々後日、10日(水)~21日(日)開催です。

近くへお出かけの折がありましたら、ぜひお立ち寄り下さい。

出品作、第1便と第2便

 

 

山内まどか展

ー日本画と陶器の世界ー

10月10日(水)~21日(日)

※16日休廊

am10:00~pm5:00

ギャラリ-・アンフィール

松山市南梅本町1032番地2

釉藥

七月の豪雨被害からはじまって、次々と台風が到来しています。災害の多さが、将来に不安を感じさせる気候の変化です。我窯では作家Aが、三本目の壺を素焼きしようとしているところです。多量に釉が必要なのでポットミルを回して支度しています。

おーい、メガネさん

白い花々が、夕べにはピンク色に染まる酔芙蓉の写真を撮っているうちに、眼鏡を見失ってしまいました。素焼きをしつつ、仕事場の掃除をしつつ、老眼鏡を付けたり外したり、忙しさで眼鏡どころではなくなつたのは確かです。諦めきれずに探しまわって四か目になりました。

粘土

今年の登り窯焼成の時、五年程前に自分が使い切っていなかった粘土が、大バケツ一杯残つていることを発見。この酷暑の日々、早朝のやや涼しい時間帯にその土を使って壺作りをしています。粘土というと、今年17回忌を迎えた山内達雄が1年8ヶ月の闘病中、次の仕事の準備の荒もみ粘土を10玉残していました。作家Aは、主が使えなかった粘土を感慨深く使ったものです。