腕時計

二ヶ月近く、探していた時計が仕事場の土の間から見つかりました。この嬉しい驚き。20年近くまえ作家Bに買って貰った腕時計。時計なしには日を送れない私は不自由な日を送っていました。相棒のようだった腕時計。私のもとに帰ってきたこの古い時計がどんな新しい時を刻んでくれるでしょう。くちなしが笑っています。

窯出し展の日程が決まりました。

「刻の箱」山内瑠璃子作

平成も残り少なくなって参りました。

今年の窯出し展の日程が決まりました。

6月8日(土)~6月17日(月) の10日間です。

令和最初の展示会です。

皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしています。

 

 

 

さて作家Bは昨年に続き「今美」こと「今治美術家作品展」に今年も100号の日本画を出品しています。今週水曜日から始まります。お近くにお越しの際はどうぞ覗いて下さい。

「森々と」山内まどか作

『第14回 今治美術作家展』

4月24日(水)~5月12日(日)

9:00~17:00

初日10:00open、最終日16:00close

5月7日(火)休館

今治市河野美術館

 

三次町ーその5(作陶展を終えて)

三次町出身者とはいえ旅人に過ぎない私の個展に、会場をお貸しくださった三次本通りギャラリーまるてのオーナーご夫妻にお礼申し上げます。私の拙い作品をご覧下さいました方々、また、亡くなって46年になる亡き父、太田忠を語ってくださいました方々、ありがとうございました。これからの作品創りを、もうすこし頑張りたいと思っています。よろしくお願いいたします。

三次町へーその4(尾関山)

作家Aの実家から尾関山は近いので、春は桜、秋は紅葉を楽しみながら友達と将来の夢など高校生らしい大袈裟な話しを語り合いながら散策したものです。尾関山は忠臣蔵の浅野内匠頭の妻[初代三次藩主、長治の娘」阿久里姫の生家があり、七歳まで過ごしたそうです。夫の死後、落飾して瑶泉院となってからは赤穂浪士の討ち入り後、浪士達を支えました。尾関山近くの鳳源寺には大石内蔵助が植えた枝垂桜が美しく咲くと聞いています。