「楽しく」

作家Bが所沢から持ち帰った小さかったくちなしの株が大きくなって咲いています。

そんな昨今、何時も文通している山内達雄の横浜の従妹、Мさんからのお便りが届きました、「楽しんで」と。コロナ禍で冷えがちな世相に影響されそうな時、「楽しんで創って」は薬のように今、必要な言葉だと癒されます。

明日

ネットの毎日新聞で新美南吉の詩が紹介されていました。フリーアナウンサーの水野晶子さんという方が「明日」の詩の朗読をYouTubeで無料配信されているそうです。去年この詩を読んだら、ただ愛らしいとしか感じなかったかもしれません。1932年、五・一五事件があった年に発表されました。前年の1931年には満州事変が起きています。新美南吉が詠んだ「明日」をコロナの今、思いを馳せます。

 

 「明日」

                             新美南吉

                                   花園みたいにまつてゐる。

            祭みたいにまつてゐる。

            明日がみんなをまつてゐる。

 

            草の芽

            あめ牛、てんと虫。

            明日はみんなをまつてゐる。

 

            明日はさなぎが蝶(ちょう)になる。

            明日はつぼみが花になる。

            明日は卵がひなになる。

 

            明日はみんなをまつてゐる。

            泉のやうにわいてゐる。

            らんぷのやうに点(とも)ってる。

 

 

搬入前

春の気配を感じる頃となりました。

明後日からの「新作展」にむけて、今日は作品を発送しました。

心落ち着かないことが多いですが、気分転換がてらお出かけ下さいませ。

 

「第14回今治能・第24回関西観世花の会」

※新型コロナウイルスの影響の為、「第14回今治能・第24回関西観世花の会」は来年、2021年4月29日の延期になりました。

我窯の庭一面、色鮮やかなのがくま笹です。くま笹に興味を持たれた大亀藤枝様、

「面」をつけて全てを表現する古典芸能、能の普及に長く携わってこられました。

此度、4月18日に「第14回今治能・第24回関西観世花の会」を催されます。

能の端麗な世界、一人でも多くの方にご覧いただけたらとご案内致します。

 

第14回今治能

第24回関西観世花の会

※新型コロナウイルスの影響の為、「第14回今治能・第24回関西観世花の会」は来年、2021年4月29日の延期になりました。

令和2年4月18日(土)

午後1時開始

終了午後4時頃

 

 

能 清経

 

 舞囃子 天鼓バンシキ

 

 仕舞 玉之段

 

独吟 鐘の段

  屋島

 

 

於 今治中央公民館

愛媛県今治市南宝来町1-6-1

電話 0898-32-2892

 

◆入場料

前売り 6000円(全席自由)

当日 6500円

学生 2000円

 

◆お問い合わせ

    大亀藤枝 tel 0898-22-0721

                               fax 0898-23-9282

 

 

 

 

 

「干支展」の日程

窯が直りました。延期になった「干支展」の会期をご報告致します。

今年の窯元での冬の展示会、子の「干支展」は12月3日(火)~12月16日(月)に催しします。

ご心配、ご迷惑をおかけした皆様、改めてお詫び申し上げます。

今年も残り一か月余りとなりました。山中の窯元でネズミと共にお待ちしております。

 

お詫びー「干支展」の延期

今週末から窯元で「干支展」がスタートするはずでしたが、ここにきて窯が故障しました。初日までに干支を準備することができなくなった為、期日を延期することにしました。楽しみにしていた方々、大変申し訳ございません。修理にどの位ようするかまだ定かでありませんが、数日~10日程度の延期になるかと思います。期日が決まり次第改めて掲載、お知らせいたします。どうぞご容赦くださいますようお願いいたします。