ウサギの干支の販売を始めます。

「化粧干支置物(卯」

MLBのレギュラーシーズンが終わりました。大谷君の活躍を見ながら干支を作り始めたせいか、ウサギのかしこまっているはずの立ちぽーズが投球の構えに見えたり、「このウサギはスアレスに似ている。」と思ったり、楽しい時間でした。

さて、大島窯の店では、10月8日から来年の干支置物、ウサギの販売を始めます。ネットショップでも販売を始めました。どうぞご覧下さい。ぴょんぴょん跳ねる兎にあやかって来年こそ飛躍の明るい年となりますように。

 

ネットショップ“ohshimagama”

2点共「練り込み干支香合(卯)」
右「焼締干支置物(卯)」、左7「印花花文干支置物(卯)」

 

 

 

 

2023年の干支

テレビでは、お盆を過ぎるとおせちのCMが流れ始め落ち着かなくなる今日この頃。

2023年度の干支置物のサンプルを作りました。来年の干支はうさぎです。

 

まずは「かしこまりラビット」。

 

番外編で「くつろぎラビット」。

 

来年のことを思う余裕はないのだが、、などとぼやきながら手を動かしています。

T・H様のご注文

T・H様からのご依頼は、焼き上がりの寸法のご指示もあり、工夫しながら作るものなので、何時もありがたい経験になります。土造り乾燥中で、素焼き前のご依頼のタタラ皿を写真に撮ってみました。

ジンベエ皿

今回の「animal展」で、作家Bのお気に入りは「練り込みジンベエ皿」です。作家Aが「ジンベエザメをモチーフにする。」と言ったときは、

「ジンベエ?」

 

 

 

と、何が出てくるやら想像ができませんでした。が、窯からでてきたジンベエは、世情の憂鬱にも我関せずのなかなかの飄々ぶりです。目があるような、ないような、と見る度に探してしまいます。

表ジンベエも可愛いですが、ひっくり返すと、

 

 

さすが練り込みで、裏ジンベエもしっかり存在感があります。

 

第24回大島窯企画「animal展」

2年ぶりに大島窯の店で企画展を催します。

動物をテーマに器物、置物、陶板となどを展示致します。楽しい空間になりますよう準備中です。感染対策をふまえながらになりますが、お立ち寄りいただけますようお願い致します。

「練り込みジンベイザメタタラ皿」
「化粧掻き落とし鹿兎皿」

 

第24回大島窯企画「animal展」

7月29日(金)~8月15日(月)

定休日 火・水・木

 

 

のぼり窯のこと

のぼり窯を長く焚き続けています。薪窯焼成には、ガス窯や電気炉焼成にない独特な焼き上がりがあります。それを大切にしてくださるコレクターの方々に出逢うことが出来ました。特にHさんは私が造りたい潤いの世界を受け取ってくださる方です。インターネットで求められた作品群を嬉しく、感謝しています。

 

 

Hさんへ

何時も練込手のご注文をいただきありがとうございます。この度は茶碗蒸しの器でしたが、勉強になりました。ご指定の大きさはともかく軽さがご満足いただけたらと気にかかっております。

歯科医院通い

作家Aは、このところ山内達雄の遠縁にあたる中村稔先生の診察に通っています。看護師さん達とも、すっかり顔なじみになりました。丈夫が取り得の歯でしたが、すっかり自信喪失状態です。仔象の土づくりで元気を取り戻しています。