明日

ネットの毎日新聞で新美南吉の詩が紹介されていました。フリーアナウンサーの水野晶子さんという方が「明日」の詩の朗読をYouTubeで無料配信されているそうです。去年この詩を読んだら、ただ愛らしいとしか感じなかったかもしれません。1932年、五・一五事件があった年に発表されました。前年の1931年には満州事変が起きています。新美南吉が詠んだ「明日」をコロナの今、思いを馳せます。

 

 「明日」

                             新美南吉

                                   花園みたいにまつてゐる。

            祭みたいにまつてゐる。

            明日がみんなをまつてゐる。

 

            草の芽

            あめ牛、てんと虫。

            明日はみんなをまつてゐる。

 

            明日はさなぎが蝶(ちょう)になる。

            明日はつぼみが花になる。

            明日は卵がひなになる。

 

            明日はみんなをまつてゐる。

            泉のやうにわいてゐる。

            らんぷのやうに点(とも)ってる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください