窯出し展③

 

窯元の展示室は岩の壁面が印象的な会場です。空間も広いので他の会場にはない利点、苦労があります。

 

会場風景から。

s-DSCN4682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関では象の「響き」がお出迎えです。

s-DSCN4756

入り口テ-ブル

 

s-DSCN4752 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登り窯から出てきた練りこみ四方皿

 

 

 

 

小ぶりながら存在感のある練り込み花入れ

s-DSCN4700 

 

 

 

s-DSCN4731

 

 

 

 

 

 

 

 

夏にむけて乳濁釉のビアカップ。

 

 

 s-DSCN4745

中央テ-ブル 日常使いの小皿、碗、カップなど。

 

 

 

 

初日には間に合わなかった金彩のシリーズ。今日から登場です。

 s-DSCN4734

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             金彩杯

 

 s-DSCN4732

 

 

 

 

 

 

 

 印花文金彩杯

s-DSCN4730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  金彩波文花配り

 

s-DSCN4727

 

 

 

 

 

 

 

                                     金彩ぐい呑み

 

 

 

 

 

 

こちらは新作のレリーフ。「葉裏の囁き」

s-DSCN4764s-DSCN4765

 

 

s-DSCN4753

 向日葵が夏の気配を連れてきました。

 

 

窯出し展②

日曜日からお天気が続いています。山の中の展示場です。「数年前は途中で断念したが今年は辿り着くことができた。」というお客様もいらっしゃいます。その後に「来た甲斐があった」と続き嬉しい限りです。この展示室は一年に二回、この窯出し展と年末の干支の引き渡しの時にしか開けていません。普段は販売は松山の「大島窯の店」で、窯元ではひたすら制作しています。窯出し展では「一年早いですね。」「また来年。」という言葉が頻繁です。

 

 

 

s-DSCN4688 (2) 

 

 

展示室内には畳のコーナーがあります。

仕事に追われて私たち自身、展示室でくつろぐということは無いので、この期間、畳の間からお客様と外を眺めると改めてゆったりとした空間が広がっているのがみえます。

 

 

 

 

 

s-DSCN4687

窯出し展①

初日の会場作りに一花欲しいなと庭を見渡しました。花木の少なくなった季節です。白梅の木のそばにある卯の花を採りに行きました。その時梅の木にきれいな5㎝位の丸い穴が開いて主木が枯れているのに気付きました。どんな小鳥でしょうか?出来立ての新築です。s-DSCN4593

最終日

今治での展示会も最終日。

 

小さいお客さんと出会いました。

島での友、池田幸子さんのお孫さん、幸之輔君が(一才半かな)ご両親と覗いてくれました。

 

s-DSCN3279

 

 

 

 

 

 

 

 

草花からウサギが顔を出している

レリーフを「だあいしゅき」と

言ってくれました。

 

 

 

最終日は搬出の日でもあります。

作家Bが大活躍。若さに脱帽あるのみ。

オーナーの小野さん、お疲れさまでした。無事終了も小野さんのご配慮のおかげです。

ありがとうございました。

 

 

土曜日

展示会も残り少なくなってまいりました。

 

 

s-DSCN3263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は親戚の飯尾小児科の皆さんが遠路お越し下さいました。

 

 

 

s-DSCN3175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しいお客様の原印刷の奥様と。

 

 

 

さて展示会には定番のものも並びます。

s-DSCN3143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練り込みのコーヒー碗。

人気商品です。

s-DSCN3144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿はこんな感じ。

s-DSCN3141

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つ違います。

練り込みコーヒー碗

(カップ口径約11cm×高さ約7cm、

皿口径約13cm×高さ約3cm)

\10000

山内瑠璃子作

 

 

 

 

s-DSCN3277

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはマグカップ

 

 

s-DSCN3208 

 

 

 

 

 

中に菊の模様が見えます。

印花文マグカップ

口径9.5cm(12cm取っ手含)×高さ9cm

¥2500

山内まどか作

 

 

 

 

s-DSCN3172 

 

 

 

 

s-DSCN3206 

 

 

 

草文の碗はご飯茶碗にしても小鉢にしてもよしです。

 

 

 

 

 

 

 

草文碗

口径12cm×高さ7cm

(登り窯焼成)

¥2800

山内まどか作

 

 

 

 

s-DSCN3150

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN3151s-DSCN3152

 

 

 

練り込み四方一輪挿しです。

7.5cm×7.5cm×高さ13cm

¥15000

山内瑠璃子作

 

 

 

DSCN3186

 

 

 

 

 

 

s-DSCN3187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新登場です。

花びらの形状の口と足がチャーミングです。

s-DSCN3189

 

 

 

 

 

 

練り込み一輪挿し

口径8.5cm×高さ10.8cm

¥12000

山内瑠璃子 作

 

 

金曜日

s-DSCN3123

展示会中はバスで橋を渡って会場まで通います。

お天気に恵まれた日が続いています。

 

s-DSCN3116

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は作家Bの母校、ムサ美の交友会愛媛支部の面々がいらっしゃいました。

大先輩方です。

 

 

s-DSCN3117

 

 

 

 

 

 

ギャラリーCHUCHUは今年開廊6年目を迎えます。

オーナーの小野さんの人柄を慕ってたくさんの方々が訪れます。

看板娘のチャチャちゃんは14才。

小野さんの膝の上では永遠の女の子。

見ているこちらもついつい笑みがこぼれます。

 

 

 

 

展示会も残すところ二日になりました。

近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい。

 

 

展示会も中盤になりました。

普段は自他共に認める仙人暮らし(?) 、展示会期間は集中して人にお会いします。

 

s-DSCN3088

 

 

 

 

 

 

 

 

大三島のカフェ&レストラン「典座(てんぞ)」の

オーナー、菅百代さん。かっこいいです。

「典座」は病院建物をリフォームした話題のカフェです。野菜たっぷりのランチに百代さんの暖かい人柄を感じます。

 

 

 

s-DSCN3089

 

 

 

 

 

 

 

 

左から作家とFさん。

長いお付き合いです。

いつもありがとうございます。

 

 

s-DSCN3091

 

 

 

 

 

 

 

親子で駆けつけて下さいました。

手前左からHさんと作家、

奥左から作家BとOさん。s-DSCN3103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から能楽師の大亀藤英さんと作家、

素敵なお話をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

展示会場から(二日目)

大島窯は年に数回展示会を催します。どの展示会もそうですが制作の追い込みから搬入、初日とずっと息継ぎをしないで潜水しているような日が続きます。少し落ち着き始めるそんな二日目。s-DSCN3086

 

オーナーの小野さんが通り沿いの窓にミニポスターを貼って下さいました。賑やかです。

 

初日の会場の様子からレリーフを一枚加えました。

s-DSCN3035 (2)

白い壁に鮮やかなピンクの色が映えます。

s-DSCN3038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「HANAⅡ」山内瑠璃子作

¥10万

縦23.5cm×横27.5cm×厚1cm

s-DSCN3039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「HANA Ⅰ」山内瑠璃子作

¥13万

縦27.5cm×横23.5cm×厚1cm

 

DSCN3042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レリーフの裏はこんな感じ。紐を通して壁に掛けられるようになっています。

 

 

 

 

 

 

練り込みの花入れは色々な面から見る楽しさがあります。

 

DSCN3009

「練込花入れ」山内瑠璃子作

¥10万

13cm×15cm×高29cm

(軽い四方形)

 

s-DSCN3051

s-DSCN3048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストライプの練り込み文様の上を青い釉薬が流れていく様が力強いです。

 

 

 

 

s-DSCN3053

「練り込み四方花入れ」山内瑠璃子作

¥32000

10.5cm×10.5cm×高13cm

s-DSCN3061s-DSCN3060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN3059

s-DSCN3058

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの花入れもユニークです。古城の佇まいです。

s-DSCN3047

「練り込み変形花入れ」山内瑠璃子作

14cm×幅11cm×高21.5cm

s-DSCN3044s-DSCN3045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨秋から試みている金彩も登場しています。

s-DSCN3067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「化粧金彩ぐい呑み 龍」

山内まどか作

¥13000

口径5.5cm(龍込7.5cm)×高5.7cm

 

s-DSCN3071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「化粧金彩ぐい呑み 魚」山内まどか作

¥1万

口径5.5cm(魚込6cm)×高5.2cm

 

DSCN3076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新作です。

「化粧金彩ぐい呑み 鳥」山内まどか作

¥7000

口径5.5cm(鳥込6.2cm)×高5cm

 

 

 

 

 

作陶展初日(ギャラリ-CHUCHU)

 

s-DSCN3032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーCHUCHUの赤いドアを開けて、

 

s-DSCN3011

初日が始まりました。

 

 

s-DSCN2984

(中央)「雛の頃」(両脇)「化粧金彩徳利」と「ぐい呑み」

 

s-DSCN2980

 

 

 

 

 

(左)「化粧金彩花文酒注ぎ」(右)「屈杯」

 

s-DSCN2992

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Hana Ⅰ」

 

 

s-DSCN3004

(左)雪柳を挿した「採月」(中)「粉引草文長方花入」(右)「練込馬香合」

 

 

s-DSCN2976

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CHUCHUの看板娘、三代目チャチャちゃん。二年ぶりのご対面です。

 

 

 

 

懐かしい方々が覗いて下さいました。

s-DSCN2963

 

作家A、高階肖さん

 

s-DSCN2977

左からCHUCHUのオーナー小野頴子さん、作家A,川畑宣士先生